とらのようふく

撮ったり書いたりしています。

宝塚について

前回、山登りが好きだ、と書きましたが。

もちろん好きですけど、実は山登りの億倍くらい好きなことが私にはあります。

それは宝塚歌劇です。

 

 

「終わらないで、終わらないで、ずっと観ていたい、終わらないで」

7年前、当時小学校低学年だった娘が宝塚歌劇の舞台を観ながら呟いた言葉。

瞬きすらも惜しんで、ほぼ目を見開いたままの3時間を過ごした彼女は、終演後、ほとんど口を開かず寂しそうに劇場を眺め、劇場の外に出て、本当に終わってしまったと実感することが苦しい、といったようなことをぽつりぽつりと話していました。怒涛の感想が降って来るのだろうと構えていた私は肩透かしにあったような気分になったのを覚えています。

 

 

その時はですね。

んー?まあ楽しんだということなのかな?話が難しくて呆気に取られている間に終わったのかな?リアクションちっさいなあ、くらいのものでした。子どもの付き添いで観劇しただけの、ひとつも何も動かされなかった私には。

 

でもね、今は。

今の私がそんな言葉を聞いたなら。

全力で、そやんなっ!めっちゃわかる!!と背中をさすり、

よし、この公演あと5回観よ!余裕あったらもうちょっと増やしてもええしな、ああーほんま宝塚最高!!と肩を組み、フォーエバータカラヅカを歌いながら花の道を闊歩していることでしょう。

 

 このヅカ娘の影響下における7年間で徐々に浸食されてついに陥落したのねうふふ、とヅカ好き上級生の方からお声がけいただくのですが、私めの場合は突然に目が開かれるパターンの「沼飛び込み」でした。7年間こんなもんやろと肘をついて眺めていた景色。手を目にやるとそこにはサングラス、あれ、こんなんかけてたっけ?と濃い色のそれを取ると、そこには極彩色の見た事もないような世界が。サングラスを叩きつけ、一番高い場所から豪快な水しぶきを上げて頭からその美しき沼に着水したのです。

 

 その後、娘が持っているDVDを狂ったように観まくり、かつて一度は観たはずのものを、ああこのシーンは、この演技はこんなにも素晴らしかったのか…と太ももを叩きながら悔しい気持ちになるとともに、ここで気づけたのだから、まだ良かったんだ、集中!ああ、素晴らしい‥と涙する幸せに溢れた日々を送っている次第です。