とらのようふく

のらりくらりで、すこしずつ。

はじめました。

 

私は現在、大学事務の仕事をしておりますが、

新卒時はテレビをメインとしたディレクター業をしておりました。

途中でフリーランスになりつつ、専業でいたのは10年くらい。

結婚、出産により、レギュラーの仕事はしない、演出だけで編集は任せる、など

段階を踏んで、2人目の妊娠を機に廃業いたしました。

ちょこっと遊びの感覚で手伝ったりすることもあるにはありますが、

もう現役と同じ働きをするのは無理だろうなあと。

迷惑だしね。昔取った杵柄おばはんがはしゃぐのはどこの業界でも見苦しい。

 

ぼんやり子育てをしていたところ、母校の指導教官にばったり会い、

何もしてないなら大学で働いてみては?とお声がけ頂いたのが5年前。

そこから、本当に申し訳ないですけど「世界一楽な仕事」なんじゃないかと思える

大学事務ライフが始まりました。

まあそこにも色々あるにはあるのですけど、それはおいおい。

 

世界一楽な仕事なので、またぼんやり年数が過ぎ、恩師も昨年度で退官。

最終講義の後、「もう、そろそろできるんちゃうか」と言われました。

んんん?仕事まだできてへんってこと?ふざけ過ぎてるとかかな?

と震えたのですが、それはどうやら前職のことで。

恩師は私が演出した番組や映画なんかを全て観てくださってたんですよね。

子どもが小さい間は元の仕事に戻るのが難しいのだと考えておられて、

ここに馴染んでいく私を少し複雑な気持ちでいてくださったようです。

そうだなあ。もしもう一度何か始めるなら、今なのかなあと、

のそっと動き始めたのが今年の春。

 

さあそして。

まずは、現在は自分の会社を立ち上げた旧知の映像編集マンに相談。

「もうディレクターはしない、時間に制約のある人間がやるべきじゃない」

なうえで、企画や台本を書く構成の仕事がしたいという気持ちを伝えました。

似たようで異なる職業です。ゼロから始めるつもりであると。

 

結果、WEBを中心とした企画の仕事をいくつかいただきました。

大学の仕事と並行してできる感じなので、そのまま事務室は続けたまま、

いくつかの仕事をこなしてる中で、これまた旧知のテレビ局のプロデューサーから、

構成のお仕事をいただきました。

それが今の時点。

 

ものを書くという習慣をつけるためにも、なるべく毎日更新したい。

事務室勤務の構成見習いの日々を綴ってまいります。

3日ほどこういうエントリーを続けて一週間後に一回くらい書いてもう終わり、

っていうのを繰り返してる人生ではあるのですが、今回は続けたい。自分頑張れ。